【熊五郎とシキ 006】心ゆくまでゆるんでみよう

こんばんは。
熊五郎とシキのお時間です。

心ゆくまでゆるんでみよう

【編集後記】
乗鞍は今朝、この冬いちばんの冷え込みでした。
外に出れば、すぐに手も足も先っぽの方まで冷えて痛くなり、泣きそうになるくらい。
日中のあたたかな日差しが救いですが、春はまだ遠し。
寒い日がまだまだ続きそうな乗鞍です。

そう。
寒いと体がこわばるし、それだけでなく、なんとなし心もこわばるというか。

実は昨日、休館日だったこともあり、ひさーしぶりにRaichoの露天風呂に入ったんです。
で、自然のなかに自分を解き放つような、そして自然と一体になるような、
そんな心地のいい感覚を改めて感じたんですね。
ここ乗鞍の地で、日々、リセットしているつもりでいても、
この心地の良い感覚をこうして改めて感じるということは、
やっぱりまだまだ、自分を解き放つ「とき」が、足りなかったし、必要としていたんだな、と。

感覚は、道しるべ。
心地のいい感覚も、そうでない感覚も。
時々、その感覚に身をゆだねる「とき」をもって
自分を観察してみると、、、
自分にとって本当に必要なもの、そうでないものが、
あらわれてくるような気がします。

ではこのへんで。
また来週2月15日(木)20時にお会いしましょう。

バックナンバーはこちらからどうぞ↓
☆熊五郎とシキ
http://norikurashi.com/kumagorotoshiki/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です