セルフメンテナンスの時間と場をつくること

休むことは、悪ではない。
むしろ「セルフメンテナンス」という大切な投資だと思うのです。

私がそうはっきりと思うようになったのは、乗鞍の地に来て、
ちょこちょことこの地を歩きまわったり、
少しアイデアに詰まったり、思い悩むことがあったりしたときに、
乗鞍の自然に触れたり、ゆったり温泉につかったりすると
得も言われぬ充足感と心地よさで満たされていき、
元気になっていく感覚になったことが度々あったからでした。

個人事業を営んでおられる方って、自分が頑張らなきゃ、
と、力ワザでぐいぐいと目に見える成果を追うことに
必死になりがちではないでしょうか?
(↑私も意識しないとそうなりがちだったりします(^^;)

個を活かすとか、個人起業家として生きていく、
そんな方たちの動きが近ごろ目立つようになってきた昨今。

華々しい活躍を遂げる方、その途上にある方、起業初期の方、起業を目指す方など、様々な段階の方がおられると思いますが、表立った仕事や、目に見える成果を追求するほかに、人として&またその人らしさを全開に仕事をしていくために大切なことがあると私は思うのです。

・「ゆっくり自分と向き合うこと」
・「自然に触れ、心と体に英気を養うこと」
・「意図的に日常と距離を置くこと」
・「リラックスし、心地よさを思い出すこと」etc…

実は、これらのことは、日常の忙しさの中では後回しにしがちなこと。
それに、街なかには様々なノイズがあり、こうしたことのために静かな時間をもつことってなかなか難しいのが現状かもしれません。

自分以外に替えがいないビジネスオーナーさんは特に、ご自身のコンディションを自分自身で整えるのも、大事な仕事の一つであるはずなのに。

でも本当は、がむしゃらに日々を回していくという力技では、じきに限界がくると、お気づきの方もきっと多いのではないでしょうか。

そんな方たちへ向けて、Raichoがご用意したのは、意図的な休暇をとっていただき、自然豊かな環境でセルフメンテナンスをする時間・空間にどっぷりとひたる…そんな機会。

家庭、仕事場以外のもう一つのとっておきの場「サードプレイス」へ。

・ノイズレスな時間
・自然体になれる時間
・あらゆる緊張から解放される時間

が待っています。

今回、私はこのRaichoのご提供するノイズレス・ステイのなかで、食の部分でお手伝いを。
乗鞍の山菜や松本平のお野菜・お米を使い、一汁一菜を基本にしたシンプルながら素材にこだわった夕餉をおつくりする予定です。
お料理は会津の漆器「めぐる」に盛り付けます。
器を手にとっていただくことからも優しさと心地よさをじんわり味わっていただけることと思います。

ノイズレス・ステイでご自身を労わる機会を意識的につくってみませんか?
お会いできることを楽しみにしています!

【熊五郎とシキ 006】心ゆくまでゆるんでみよう

こんばんは。
熊五郎とシキのお時間です。

心ゆくまでゆるんでみよう

【編集後記】
乗鞍は今朝、この冬いちばんの冷え込みでした。
外に出れば、すぐに手も足も先っぽの方まで冷えて痛くなり、泣きそうになるくらい。
日中のあたたかな日差しが救いですが、春はまだ遠し。
寒い日がまだまだ続きそうな乗鞍です。

そう。
寒いと体がこわばるし、それだけでなく、なんとなし心もこわばるというか。

実は昨日、休館日だったこともあり、ひさーしぶりにRaichoの露天風呂に入ったんです。
で、自然のなかに自分を解き放つような、そして自然と一体になるような、
そんな心地のいい感覚を改めて感じたんですね。
ここ乗鞍の地で、日々、リセットしているつもりでいても、
この心地の良い感覚をこうして改めて感じるということは、
やっぱりまだまだ、自分を解き放つ「とき」が、足りなかったし、必要としていたんだな、と。

感覚は、道しるべ。
心地のいい感覚も、そうでない感覚も。
時々、その感覚に身をゆだねる「とき」をもって
自分を観察してみると、、、
自分にとって本当に必要なもの、そうでないものが、
あらわれてくるような気がします。

ではこのへんで。
また来週2月15日(木)20時にお会いしましょう。

バックナンバーはこちらからどうぞ↓
☆熊五郎とシキ
http://norikurashi.com/kumagorotoshiki/

乗鞍にはRaichoには最高すぎる温泉が、ある 

最近、この「『のりくらし』を楽しみに読んでますよ!」と言ってくださるゲストに声をかけて頂いたり、facebookでシェアしてみたら思わぬ反響を頂いたりして、ビックリしています。
この単なる私のつぶやきのようなブログ。読んでくださる人がいるだけでも感謝ですが、引き続きマイペースに育てていきたいなぁと思っています。

それはさておき、最近Raichoでは様々なトラブルに見舞われました。
その一つに、温泉のパイプが破損して、数日間、館内の温泉が使えなくなってしまう!という温泉宿にあるまじき事態が発生したのです。

もう、大変!その破損した日は半分パニック。
近くの宿の方がヘルプしに駆けつけてくださったり、アドバイスをくださったりしながら、修理を試みてみるも、部品を取り換えないと直る見込みがないと判明。
その部品の取り寄せに数日間かかることが分かりました。
image1-5
↑これは破損したパイプ。硫黄が固まって、温泉の通り道がふさがれてしまったのですm(__)m

さて、ゲストにも正直に話す以外ありません。
皆さん、事情を理解してくださいました。
ありがたいことに、近くのお宿が温泉を解放してくださったり、別の日は湯けむり館へお連れして乗鞍温泉につかっていたただくという対応がとれたからこそ、というところも大きいかと思います。
そんな対応をしている中で、心温まる出来事がありました。

数日間、温泉は使えないものの、シャワーはかろうじて使えたRaicho。
シャワーを浴びた直後のゲストに、
「ここの温泉につかりたかったでしょうに、本当にごめんなさい。」と伝えたところ、

「No Probrem!It was nice shower!Thank you!」

と最高の笑顔で返事が来るではないですか!
私、びっくりして。
そのゲストは、何気なく普通に返した言葉だと思うのですが、なんというか、根本的な考え方がありがたく、またすごいなぁと思ったのです。

「あるもの」

を見ているなと思って。
しかも、そのゲストは雨でずぶ濡れになって帰ってきたサイクリストさん。
そらぁ、そらぁ、温泉につかりたかったと思うのです。
でも、そのゲストは「ないもの=温泉」ではなく、「あるもの=シャワー」にフォーカスして、しかも感謝の意を伝えてくださるという。

もうなんだか、ふわっとそれこそ温泉につかったときのような温かさが、心にこみあげてくる心地がしました。

乗鞍に移ってきて半年。私も大分ここの生活に慣れてきていますが、ふと考えてみると、乗鞍の生活では「ないもの」を数え上げたらきりがないかもしれないなぁと(笑)
要不要は別として、

「コンビニが、ない」
「交番が、ない」
「家の鍵をかけない」
「信号が、ない」
「スーパーが、ない」
「ドラッグストアが、ない」
「100円ショップが、ない」
「美容院が、ない」
「美術館が、ない」
「図書館が、ない」
「ケーキ屋さんが、ない」
「カフェが、ない」
「服屋さんが、ない」
「公園が、ない」
「病院が、ない」
「子どもが少ない」
「仕事が少ない」

などなどなど(笑)

でもね。そのゲストに改めて気づかせてもらったのは、「ある、もの」にフォーカスして、それを味わい尽くすこと。
それって自分を満たすだけでなく、周りも幸せな気持ちにさせてくれるなぁと思って。
「ない」は「ある」の裏返し。そして逆もまたしかりなのではないかと。
どちらに自分の心をフォーカスするかによって、物事の見え方って全然違ってくるような気がして。
例えば、乗鞍に「ない」ものについて見てみると、、、

「コンビニやスーパーが、ない」
→「手間をかけて食事をつくる機会が、多くある」「お惣菜や食材をお裾分けいただく機会が、たくさんある」
 「食材を吟味する機会が、ある」 「ネットスーパーが、ある」

「交番が、ない」「信号が、ない」
→「良識をもった人がたくさん、いる」

「ドラッグストアが、ない 100円ショップが、ない」
→「あのギラギラちかちかした店内とは反対に、静寂さが、ある」「自分に必要なものを吟味する機会が、ある」「ネットスーパーが、ある」

「美容院が、ない」「図書館が、ない」
→「山を下りる楽しみが、ある」

「病院が、ない」
→「病は気から。だとしたら、気をチャージする自然がたくさんある。」

「子どもが、少ない」
→「少ない子どもを大事に育てる大人が、たくさんいる」

「仕事が少ない」
→「今ある仕事を大切にする」「自分で仕事を作り出すチャンスが、ある」

とかね。本当に考えようだと思うのです。
それに無理やりポジティブにもっていこうとしなくても、「ないこと」は、逆にもともとあるものを大切にしたり、そのありがたみに気づくチャンスなのかもしれないなぁ、なんて改めて思って。

さて。気になるRaichoの温泉は、、、
無事に復旧しております。(ホッ)
故障中、ゲストの皆さまには大変ご迷惑をおかけしましたm(__)m
また、ヘルプに駆けつけてくださった地元の皆さま、本当にありがとうございました。

で。
復旧したその日、数日間カラカラだった湯船になみなみとお湯が注がれている様を見たら、もうそれはそれは感動ものでした。
utiyu3

この世に当たり前のものなんて、何もないなぁとしみじみ。
様々なこと・もの・人・自然にありがたみを感じながら、ゆっくりと温泉につかりました。

utiyu

そして分かったこと。

「Raichoの温泉は最高すぎるあるね。」

ということ。あ、手前味噌になってしまった。しかも、オチが雑!(笑)
でもほんと。
体験してみたら、きっと「ある」が見えてきます。

そして、Raichoではまた同じような失敗のないように、温泉パイプの掃除を頑張ります。Yumaが!