運動会で見つけた小さな学校の魅力

乗鞍で息子が通う小学校は全校生徒20人。
中学校も併設されており、中学生も併せると全員で30人の、小さな小さなお山の小中学校です。
外観は、とってもレトロであたたかみのある緑の校舎。
なんとも言えない懐かしさがこみあげてくるような、魅力のある学校です。

さて、息子は小学一年生。通称あっくんです。
入学式から3か月たった今、すっかり乗鞍っ子の仲間に加えてもらっています。
本人も、毎日とっても楽しいのだそうで、生き生きと学校に通ってくれる姿は、私の元気の源でもあります。

それはそうと、2週間ほど前に、小学校の運動会が終わったばかりなのですが、そこで頑張る息子の姿にウルウルしつつ、やはりこの小学校に入学することを決めて、本当に良かったなと思えるできごとがありました。

tomoyo

実は、手の付けようがないくらい負けず嫌いの息子は、事前の運動会の練習の際、負ける度に悔しがり、ワンワン泣き喚くこともあったのだとか。
そればかりか、

「負けた方が勝ちなんだよ!」

と、訳の分からないいいわけで、自分や周りをごまかそうとした場面もあったのだとか。アチャーー。
その噂は、そんな息子の姿を見ていた子ども達から、乗鞍のお母さん方に瞬く間に伝わって、
お母さん方に会うと、

「聞いてるよー。あっくんは悔しがりさんなんだねー。」
とか、
「男の子はそれくらいの方がいいよー。」

と、クスッとされたり、慰められたり……。
「穴があったら入りたい……」と思いつつ、不謹慎ながら「練習でよくもまぁ、そんなに悔しがれるなぁ……」と逆に感心してしまったり。

担任含め、周りの先生方は、この『あっくん悔しがり事件』が勃発すると、いつも落ち着いて対処してくださっているようです。頭が上がりません。
そうして、少しクールダウンしているときに、息子含め、児童達に「勝負とは」ということをお話ししてくださったようで。

「勝ち負けがすべてではないよ」
「勝負をつけるのは、より強くなるためにすることなんだよ」

そんな風に先生が教えてくれたよと、ふとした時に息子が言ったもので、一応は納得した部分もある様子がうかがえました。

さてさて、運動会本番!
どうなることか、と思って見ていると、意外にも徒競走や綱引きで一番になれなくても、笑って楽しそうにしているではありませんか!

tunahiki

tamaire

このまま、事なきを得るかと思いきや……そうは問屋が卸さない!
しっかり勃発してくれましたよ。『あっくん悔しがり事件』が。

事件は「イス取り」で起こりました。

運動会でイス取り……、かなり珍しい気もするのですが、この小学校の運動会は、中学校の運動会と合同で開催され、更に地区の運動会とも合同なもので、老若男女が入り混じってできる種目もあるのです。
その種目の一つがイス取りでした。

isutori

いつもはボーっとしていることが多い息子。なぜかこの時は集中力を発揮して、次々と勝ち残っていきました。運も味方していたようです。
(少々、嫌な予感が走ります。)
そして、準々決勝のとき、ついにイスを取られてしまい、自分のイスがなくなってしまいました。残念!
さて、息子がとった行動は……

イス取りの勝負をつけている、その中心に居座る!というもの。

(オーイ。)
(オーーーイ。)

遠くから観戦していた私は、その様子を固唾をのんで見守っていたのですが、息子が駄々をこねていると、すかさず息子に近寄り、肩をたたいて抱きしめてくれた中学生の女の子がいました。
何か慰めの言葉もかけてくれている様子で。
isutori2
その後、しばらく中心に居座り続けていた息子ですが、その女子が慰め続けてくれたお蔭で、気持ちが落ち着いてきたようで、しばらくして、ようやく応援席に戻っていきました。

その姿を見た時に、「あぁ、この学校ってほんとにいいなぁ」と思ったのでした。

みんな顔見知りで、ちょっとした性格も知り合えている、小中学校の子ども達。
困ったことが起きたりすると、周りの子たち、特に上級生が、すかさずフォローに入ってくれる。

そんな場面が、これまでも何回かあったことを担任から聞いていましたが、
「あぁ、こういうことか」
と、この目で見せてもらって、本当にいい機会でした。
こんな子どもたちの関係性は、少人数学校だからこその、いいところなのだろうなと思います。
少々アクの強い息子を受け容れてもらっている、そのありがたさをしみじみと感じ、泣きそうになってしまいました。

今はこうしてフォローされてばかりの息子だけれど、この学校で、どんな風にお兄さんになっていくのか、、、
じっくり、見守っていこうと思います。

それにしても、今回、Raichoファミリーで応援したり、参加したこの運動会。
なんだかんだで楽しい運動会だったなぁ。
DSC_1235

来年までに、トリを飾る全員参加の『安曇村音頭』がもう少しうまく踊れるよう、練習しておきます!

◎安曇村音頭(youtube)

雷鳥ロゴ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です