情報の断捨離と心地よさの追求と

年末までの雪不足が嘘の様。
ここ数日、シンシンと雪が降り積もる乗鞍です。
寒い日が続いているけれど、朝、雪かきをすると、なんだか体が自然とポカポカしてきて、しばらくあたたかくいられるという。
どうもそれがいい運動になっているみたいで。
雪国の人は、毎年こんな風にこの厳冬期を乗り越えているんだなぁと、雪かきしながらも感慨深かったりして。
とにもかくにも、大寒波が襲来しているようで、日曜日にかけては平野部でも雪の予報が出ているようなので、雪国にお住いの方のみならず、ご注意を!

さてさて、今日は、昨日から私が取り組んでいる、とあることがきっかけで、どうしても書きたくなったことがあって、この記事を書いています。
とあること、というのは、いわば「情報の断捨離」。

私のメールボックスには、様々なきっかけで登録しているメールマガジン(以下メルマガ)が、毎日何通も届きます。
過去に何かのサービスを受けた時に、意識せずに配信登録をしてしまったり、逆に自分から興味をもって登録したものも。
もちろん、今も、毎回目を通して勉強させてもらっているメルマガもあります。

でも、今後読む予定がなかったり、時がたつにつれ興味も変わってしまったりで、未開封のまま放置されているメールが多数あったのです。
まぁ、興味がなければ未開封のままでも、時間があるときに、まとめて削除してもいいかとも思っていたのですが。。。

ふと、それってなんだか、メールを送る側にとっても、受け取る私にとっても、お互いに無駄なエネルギーを使っているなぁと思って。
(送る方は、一括送信だからそんなにエネルギーはかかっていないかもしれないけれど)

そう考えたら、なんだかいてもたってもいられなくなって、この際スッキリさせることに。
ちょっと面倒ではあるけれど、今後何年も、不要なメールが送られてきて、メールボックスに溜まっていくことを考えたら、「配信解除」の手続きのワンアクションなんて、大した手間ではないはず!
というわけで、

「今、自分に必要なものを自分で選んで、気持ちよくメールを受け取れる状態にしてみよう」

と、「怒涛のメルマガ配信解除作戦!」を強行をすることにしたのです。

メールが届いたら、要・不要をすぐさま判断して、不要なものは即、配信解除。
すごく読みたいというわけではないけれど、ちょっとまだ解除には踏み切れないものは、とりあえず保留でそのまま継続。
(また1.2か月後に判断したいところ)

そして気づいたこと。
私に来ているメルマガの大部分は不要なものでした。
まだ全て不要なものを解除しきれていないので、どれくらいのパーセンテージかは正確には分かりませんが。

それにしても、手間のかかる作業!
ワンクリックで解除できるものあるけれど、大部分は、会員登録IDとパスワードが必要で(←もはや覚えていないものもあったりで・笑)、パスワードを再発行し、ログインしてから解除するものもあったりで非常に面倒な作業でした。

でも、一つ一つ解除していくと、スッキリしていくのが分かります。
不要なメールを読まないにしても、タイトル部分を見て、興味がそれほどないのに一瞬でもそこに注意がいったり、メール削除の手間がかかり続けるとしたら、自分のエネルギーを無駄遣いしているような気がして。
でも、メルマガに限らず、FacebookなどのSNSにしても、流し読みしているつもりで数十分経ってしまうとか、結構やりがちな私。
そういう「自分の意図しない情報に晒される時間」を積み重ねてみると、一日の結構な時間が充てられてしまっていたんだなぁと思って。
今回の「怒涛のメルマガ配信解除作戦!」をきっかけに、もっと自分が注ぐべきエネルギーを然るべきところに注げるようにしたいなぁと改めて思ったのでした。

あ、でももちろん、自分の興味・関心の範囲外だったことが、そのメールや投稿をきっかけに知ることができ、興味関心が広がって、人とのつながりが生まれたり深めることもあると思うし、それは全くもって否定しません。
でも、やっぱり、きちんと自分の意図をもって一つ一つの情報を選びたいし関わりたいなぁと思ったのでした。
以上、つぶやき。

そして、本題。(前置き長くてすみませんm(__)m)
怒涛のメルマガ解除作戦を強行し終えた昨晩、一通のメルマガが私の元に届きました。
タイトルは
「【問いきづき/優しい悟り】心地よさを味わうのは自分への投資です。」
というもの。

なんだか、今私が乗鞍で体感していることが、鮮やかに言語化されているなぁと思って、じーーーんとしてしまいました。
うまく言語化できなかったことが、本当に鮮やかに。
不要なものを捨てたら、自分にとって必要なものが目の前にやってくる、とはこのことでしょうか。

そのメールを書いた方は冨永ひろしさん。
奥様の冨永のむこさんと一緒に、パーソナルクレド舎を運営されている方です。
(ひろしさんは、瞑想のワークショップを主宰されているようです。ちなみに私はまだ参加したことがありません。)

以下に、じーーんとしてしまったメールを部分的に転載します。

↓ここから

心地よさを味わっていくことに罪悪感を感じていませんか?

積極的に自分を心地よくしてあげることは自分への投資です。

そうすると、今あなたは、ここにある

達成感や幸せを感じることができるのです。

その先何かを達成しなくてもすでに達成感がある。

幸せを得ようとしなくてもすでに幸せはあるのです。

ほとんどの人が

身を削って何か一生懸命に達成感を得よう、

幸せを得ようとします。

得ようとしたものを手に入れたとしても

また違うものを探し始めます。

それも理性や思考のはたらきなのです。

このままではだめだ、

成功しなくちゃと思っている人は、

「このままではだめだ」という状態を引き寄せてきます。

思考が活躍しすぎている状態だと、

静けさや、心地よさ、幸せ、命の躍動感、

達成感を味わう事はできません。

だから思考がでてきたなと思ったら、

ただ観て、気づいていく。

思考に実態があるかどうか調べてみる。

思考が落ち着くと、感覚の世界に入っていくことができます。

感覚の世界に入っていくと

達成感や幸せはすでにあったんだということがわかる。

思考からちょっと離れた時、

すでに在る静けさや、心地よさ、

命の躍動感、達成感を感じる事ができます。

それらをもっと味わえばいいのです。すでにあるものだから。

マラソンや山登りなどをしている時、

肉体はしんどいけれど、思考は少ない状態になります。

走りながら昨日の問題をどうしようとか考えていないからです。

何か心地よさを感じています。

心地のよい事をしている時、

例えば温泉に浸かっていたり、

美しい景色を見ている時もそういった状態です。

これは仕事にも応用できます。

心地良さ、静けさ、喜び、感覚的なものをどんどん感じてみる。

ありがたいという感覚が、ありがたい状況を引き寄せてきます。

それだけで問題が解決するかもしれません。

幸せを感じている状態だと、

成功や失敗、結果に対してあまりこだわらなくなります。

やることだけは淡々とやっていく。

執着が少ないほうが仕事なども上手くいき易くなります。

達成感、幸せな感覚のままで、

また別のものにトライするかもしれません。

それは自由です。起こるがままです。

感覚の世界、幸せな状態のままでいると、

同僚から変な目で見られるかもしれません。

その場合は「大変ですね」といいながら深刻なふりでもして(笑)、

心の中では「もういいかな」と執着から離れていればいいのです。

仕事や人間関係に疲れたなと思った時、

おいしいお茶でも飲みながら、ぼーっとしてみましょう。

思考が落ちついてきます。

すべては完璧に正しく起きているのです。

だから、どっちでもいいのです。

持って生まれたDNAや育ってきた環境や今までの経験によって、

人はそれぞれに違うのです。

あなたはあなたであり、私は私なのです。

同じでなくていいのです。そのままでいいのです。

だからそのままの自分にOKを出す練習をしていきましょう。

そうすると、少しづつOKになってきます。

深刻になるのが面倒くさくなってきます。

優しい悟りにいたっていくためには、瞑想が有効です。

思考がでてきたら、ただ観て気づく。

思考に実態があるのか調べてみる。

内なる自分と会話していく。そのままの自分にOKしていく。

そして、今この瞬間の、静けさ、心地よさ、幸せを味わっていく。

そうやって感覚の世界へといざなわれていきます。

↑ここまで。

心地よさを感じるのに、罪悪感は必要なくていい。
うんうんうんうん。

私もずっと、この罪悪感と隣り合わせでした。乗鞍へ来るまでは!
でも、あんなことや、こんなことをしているうちに、自分がどんどん心地よさを追求することに貪欲になってきているような気さえします(笑)

「心地良さ、静けさ、喜び、感覚的なものをどんどん感じてみる。」

そう。思考が働きすぎる人にこそぜひ、乗鞍の自然や温泉を味わいつつ、心地よさを体感していただけたらと。
その心地よさは、素の自分が感じている幸せの道しるべなのかもしれません。
そんなことをとっぷりと感じた夜でした。

いつでも、Raichoでお待ちしています。

長々とお読みくださりありがとうございましたm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です